スイスを歩く

スイス在住10年目。 スイスに来てからハイキングやトレッキングにはまっています。3歳の息子、7か月の娘と歩くスイス。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03
 

最後に更新したのが2013年の4月。
一年以上たってしまいました・・・。

女の子が生まれ息子と娘の育児で時間のない毎日です。
息子は3歳になりました。

スイスでは新学期が8月から始まります。
8月生まれから7月生まれまでが一学年。
私の住む州では幼稚園が義務教育です。

幼稚園に通う前に、Spielgruppeに通います。
日本語ではプレイグループというのでしょうか?
これは義務ではないので通わなくてもいいのですが、多くの子が通います。

このプレイグループの中にWaldspielgruppe(ヴァルドシュピールグルッペ)というのがあるんです。
「森のプレイグループ」という訳が正しいのかわかりませんが、一応こう訳しておきます。
このプレイグループは毎週2日、午前中のみではありますが子供たちが森の中で過ごします。
自然に触れ、自然を通し、自然の中で遊ぶ、そんなプレイグループです。

このプレイグループ、どんな天候でも「森の中」です。
晴れていても雨が降ろうと雪が降ろうと「森の中」。
こうして子供たちが自然から多くを学んでいきます。

うちの息子もこのWaldspielgruppeに通うことになりました。
息子が生まれてすぐにこのWaldspielgruppeの存在を知り、通わせたい!!と思っていたのです。
土に触れ、自然に触れて育つことって大事だと思うし、運よくこのWaldspielgruppeの集合場所が我が家の目と鼻の先。

先日一日体験に行ってきました。

森のプレイグループは3歳児、4歳児には森の幼稚園も存在します。
集合場所では3歳児と4歳児が一緒になりその後グループに分かれます。

聞いてはいたけれどやっぱり驚いたこと!
3歳児と4歳児が完全なるアウトドアルック~!!!
頭の先から足の先までがっつりでした。

でも一日体験してみて思ったこと、これはアウトドアウェア必須だわってこと。

森の中って冷たいし土もかわいてなくてドロドロ。
そこに自然にできた傾斜を滑り台のごとく滑り降りたり、切株をのこぎりで切ったりなどとにかく激しく遊ぶんですよ。
体験終了後にはうちの息子はドロドロでした。
土が冷たいとズボンもすぐ濡れるし、滑り下りたりして遊べばすぐ破れるでしょうし、そりゃあこんだけみんなちゃんとしたアウトドアウェア着ちゃうよねと心底納得。

息子のための一日体験でしたが私もとっても楽しかったのです。


ということで8月からスタートする森のプレイグループ用のウェア探しがはじまりました。

スイスで購入できる子供用のアウトドアウェア、Waldspielgruppeに適したウェアなど、徐々にアップしていこうと思います。



スポンサーサイト
 
04
 

  milletpraro14

この↑MILLET(ミレー)のプラロ14を買いました。
このモデルは私の住むエリアでは販売されていないので日本から購入。

ハイキング&トレッキング用というよりはママバッグならぬママリュックとして購入しました。
息子が5月に2歳になり、もうバギーなしでもかなり歩けるようになったんです。
今までショルダーバッグを使っていたのですが息子の速度に合わせて走るとなで肩なのもあってショルダーがずれ落ちたり肩がこったりでそろそろリュックにしたいなと思っていました。

このプラロを選んだ理由は
・肩のパットがしっかりしていること
・私はなで肩気味なのでチェストストラップがあるのはすばらしい。
・サイズがいい(大きいものはいくつも持っているのでやはり小さ目のもの希望)
・ポケットの数がいい感じ

スイスにもこのくらいのサイズのものは売っているのですが、サイズが小さいとポケットも少ない、というのがほとんどでした。

私の荷物は
・オムツ2枚
・おしりふき
・3LのSIGGボトル
・ミニタオル
・ティッシュ
・長財布
・鍵
・携帯用エコバッグ
・おやつ数種

くらいです。
小さいリュックですがこれくらいの荷物は余裕で入ります。

私、どうしてもオムツとおやつを同じところに入れるのが気になる人間で、ポケットが少ないリュックだとどうしても同じところに入れることになってしまうのですが、このプラロだと別にすることができるのがいいなと。

幼稚園や小学校に通うお子さんのリュックとしてもいいサイズだと思います。
スイスだとみんなDeuter(ドイター)のリュックになってしまうのでいろんな色があるこのプラロはいいんじゃないかと。

何より肩がラクでいいです、ほんと。







 
09
 
4月中旬まで雪が降ったスイスですが、ようやく春がやってきました。
スイスの5月は天気が安定せず急に寒くなったり暑くなったり…。
  TEVA2013

今季、最初の買い物はこのTEVAのウェッジサンダル。
TEVAなのに、TEVAのくせにウェッジというところがとっても気に入りました。

私は現在2人目を妊娠中ですが、妊婦の私でも履いていてとてもラクだと感じます。

すごくおすすめですよ~。



 
02
 

最近のソリ滑りのお供は

  dryapple

この乾燥させたリンゴとパイナップル。
乾燥マンゴーも好きなのですが最近はリンゴとパイナップルがお気に入り。
写真のものはスイスの大手スーパーMIGROS(ミグロ)で購入しましたがだいたいどこのスーパーにも売っています。

おいしい上に軽いので山にはぴったり♪






 
28
 

今シーズンの初雪が降った後すぐに購入した息子の雪靴。


  kamikkinder

Kamik Kinder

インナーブーツが取り外せるタイプの子供用の雪靴はSORELとこのKamik(カミック)が主流のように思います。
(あくまで私の住んでるエリアではということですが)

SORELよりもKamikのほうが小ぶりで履かせやすいように感じたのでこちらに。







プロフィール

wanderung

Author:wanderung
ニュージーランドで出会ったスイス人の夫と結婚しスイス生活も10年目。スイスの素晴らしい自然を歩くのが大好きです。
マッターホルンとユングフラウだけではないスイスのスロー山歩き。子供と歩くスイスもご紹介できたらと。

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © wanderung / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。